DIARY

門倉多仁亜 | Tania Kadokura | DIARY
荒神様
__.JPG

今年も愛宕神社の荒神様に我が家の台所の安全をお願いしました。お札も指定の場所に飾りました。
2012.01.09 Monday 12:01
ローマンシェード
__.JPG

家を建てて2年以上が過ぎ、やっと窓にカーテンをいれました。ローマンシェードなのですっきりです。これでもう覗かれる心配がありません。
2011.11.25 Friday 15:43
LED
__.JPG

今年の夏はキッチンの温度が少しでもあがらないようにと電球をLEDに替えました。家のほかの電球も切れるたびにLEDに切り替えています。今まではとにかく白熱電球の明かりが好きでしたが、今は使う場所にあった明かりの質を考えるようになりました。机の場合は文字が読みやすいように白色系がよいでしょう。デスクライトの発熱も気にならなくなってよかったです。

LEDの選び方は難しいようですが慣れれば簡単です。①替える電球の口金の大きさを確認(E26、E17など)。②色を選ぶ。雰囲気が大事なリビングの間接照明などは白熱電球に似たオレンジ系のものを。作業をする机やキッチンには白色系を。③明るさを選ぶ。表示がワットではなくルーメンとわかりにくいですが、ワット相当の記載があるのでそれを確認する。④最後に電球の光の広がり方が今までの電球と違うので好みのものを選びます。又特殊な調光器つき、密閉型器具の場合も注意する。
2011.09.19 Monday 08:11
パキラ
__.JPG
先月始めパキラの枝と葉を全て切り落としました。うちへきた方がみんさんびっくりされていましたが、ひょろひょろと伸びてしまった中途半端な枝を剪定したおかげでは今ではきれいな新しい葉っぱがいい感じに伸びてきました。パキラにむいた切り戻し時期は5〜6月頃、その時に肥料(市販の観葉植物用)も与えます。

タンカンのピールを作りました。市販品にはない、ちょっとピリッとくる苦味が残っていますが、それがお好みの方はSHOPの方へどうぞ。
2011.06.08 Wednesday 08:52
ハタキ
__.JPG
鹿児島に帰ってくると初日はいつも掃除をします。ハタキで高いところの埃を落とし、戸棚の上を拭き、それから家中、掃除機をかけます。天井が高い我が家、窓枠も高いので役に立つのが義理のお姉さんに引越し祝いにいただいたドイツ製のハタキ。角度も変えられます。

先日、ここで販売したラズベリージャムですが、売り上げ代金+
別途寄付+クッキングホリデイズの上乗せを合計して50,160円をあしなか育英会/東日本大震災/津波遺児募金に寄付しました。皆様、ご協力ありがとうございました。
2011.06.02 Thursday 11:05
ごぼうも大丈夫




ドイツで見付けた(デンマーク製)にんじんの泥を落とすための手袋。ごぼうもきれいになりました。
千切りのごぼう3本分と軽く味付けしたつくね200gを混ぜあわせてハンバーグのように焼き、その後照り焼きに。

2010.10.21 Thursday 13:11
あ〜すっきり


オーブン用の大きな四角い鉄板、その他いろいろな形の鉄板、網、大きめのザル、まな板など、収納に困るものばかり。立てて収納しても倒れるので出し入れが大変でした。
やっとブックエンドを買ってきて戸棚の一番奥に設置。これで鉄板を立てかけることができ、必要な一枚ひっばり出しても他のものが倒れてこないので楽です。

2010.09.17 Friday 06:43
まっすぐ切れない



東京の新しく移った部屋は日差しがよいのはうれしいがカーテンのないうちは今年は大変です。IKEAで遮光ブラインドを買ってきましたが、自分で窓の寸法にあわせるのが難しい!

2010.09.03 Friday 17:35
花の絵の集合

窓からの光が反射して見にくいですが、新居に飾った花の絵です。以前にベルリンの骨董屋で買った古い図鑑を切り抜いた絵が引き出しに眠っていたのが引っ越しででてきたので額にいれることに。額縁は100円ショップでみつけ、それに合わせてインターネットでマットを注文しました。シンプルな絵と額縁もマットをプラスすることで立体感がでて高級感もでます。
2010.07.14 Wednesday 15:23
ちょっと一息
 しばらくでした。暑い中での引っ越し疲れがでてしまいました。でももう大丈夫です。引っ越しと書いて誤解を招いたようです。ごめんなさい。東京はまだ引き上げません。今回はマンション内での引っ越しでした。お料理教室がしやすくなるようキッチンが少し広めの部屋に移動しました。
 家具は元々持っていたものを移動させただけですが、部屋の形がちがうので配置を考えなければなりません。私のやり方は、引っ越し業者にとりあえずおいてもらい、その後は各部屋にぼーっと座ってみます。なんども。そうすると、ここの壁がさみしいとか、この椅子の配置は不便とか、なんとなく感じながら部屋を作って行きます。大変ですがでも楽しい作業です。
2010.07.09 Friday 06:41
CATEGORY