DIARY

門倉多仁亜 | Tania Kadokura | DIARY
手作りクッキー
IMG_3889.jpg

Sちゃんがプレゼントしてくれたクッキーを機内のおやつにしました。あまりもの可愛さに、何人ものスチュワーデスさんに声かけられました。
2018.03.01 Thursday 13:53
麦味噌
IMG_3805.jpg

今朝は味噌づくりをしています。鹿児島の麦味噌は一般的な大豆味噌より仕上がりは白っぽく、味は甘め。私は”はつゆき屋”からセットを取りよてせて簡単に作っています。
一晩水につけた大豆を茹で、アクを取り、圧力鍋の高圧で15分煮て、自然放置。大豆を圧力鍋で茹でる場合、鍋の高さの1/3までが目安。必要に応じて数回に分けて煮る。大豆が熱いうちにブレンダーで潰す。最後に麦麹と大豆の茹で汁を混ぜて容器に入れる。空気が入らないように注意。焼酎で容器をふき取ったり、仕上がった味噌にもふりかけてカビを防ぎます。冷めたらフタをして発酵を待つだけ。楽しみですね。
2018.02.24 Saturday 08:34
キンカン
IMG_3771.jpg

今年は寒いのでキンカンなど柑橘類がいつもの年に比べて少ないように感じます。でもちょうど良さそうなものを見つけたのでまとめてジャムにしました。苦味があっていいですね!
少量はHyazinthenにて販売もしております。どうぞよろしくお願いします。
2018.02.22 Thursday 08:27
バナナブレッド
__.JPG

フィリピン駐在から戻る予定の友人が”あなたのバナナブレッド、数えきれないくらい作った”という言葉に刺激され、昔、出版したお菓子のレシピ本(今は絶版)を引っ張りだしてきて焼きました。本に書いてあるのとは違う、使い切りたかった紙製パウンド型で焼いたので、余った生地はプリン型で焼きました。
お菓子の型は体積がポイント。レシピで紹介されているものと同じ型を持ってなくても、体積がいっしょなら、多少の焼き時間の調整は必要ですが焼けます。型の大きさを測って体積を計算してもいいし、自分のもっている型に水を流して体積を調べることもできます。パウンドケーキの場合、型に流し入れる生地の分量はおよそ8部目。それ以上は溢れ出てしまいます。

もう本がでていないので参考にレシピを書きます

<u>バナナブレッド(22x9cmのパウンド型1台分、およそ1000ml)
無塩バター 100g(室温)+グラニュー糖 125g
卵 2個(室温)
塩 少々
強力粉 200g+ベーキングパウダー 5g+重曹3g(混ぜて振るう)
よく熟したバナナ 2-3本(中身250g) (むいてつぶす)
*うちはいつも冷凍庫に入っています。その場合は室温の戻す
酢 大さじ1
くるみ 50g (きょうはいれなかった)
*お好みでローストする:150℃で10-15分又はフライパンで炒る

作り方
① バターとグラニュー糖を白っぽくなるまで泡立て器でよく混ぜる。
② 割ほぐした卵を数回にわけて加えながら、その都度しっかり混ぜる。塩も混ぜる。
③ ゴムベラに持ち替え、粉とバナナを2−3回にわけて交合に生地にまぜる。酢とくるみを混ぜる。
④ 型に流し、170℃に熱したオーブンで55-60分焼く。網にのせて冷ます。
2013.05.09 Thursday 10:32
ヘチマ水

鹿児島のお姉さんからこんな写真が届きました。ヘチマの茎の一番下を切ってヘチマ水をためているのです!これで今年分の化粧水を作ってもらいます。楽しみ〜
2011.09.30 Friday 07:20
お弁当
__.JPG
きのうは鳥取の知人から新鮮な野菜がいっぱい届いたので、今日の夫のお弁当は生ハムのサンドイッチとコールスロー。コールスローの作り方:キャベツ、ピーマン、玉ねぎを千切りにし、軽く塩をふってもむ。しなっとなったら酢を少々ふって+オリーブ油をちょっとまわしかけて和える。お好みでマヨネーズを少々和える。胡椒をきかせば塩分控えめでも大丈夫。
2011.07.13 Wednesday 17:44
広島せとだのエコレモン

尾道に住む知人からJA三原のせとだで生産された”エコレモン”が箱いっぱいに届きました。色がきれいで香もいい!減農薬生産をしており、防カビ剤もかけていないので皮まで安心して使えます。
レモンの皮の香を閉じ込めたレモネードの作り方。まずはレモンの皮を重層でこすって洗う。上下のヘタを落とし、種を取りながら薄くスライスする。重さを量り、同量のグラニュー糖といっしょに瓶にいれ、時々振りながら半日おいて砂糖を溶かす。できたシロップ大さじ2とレモンスライス数枚をグラスにいれ、氷+クラブソーダ150mlで割る。
2011.07.05 Tuesday 07:03
コーヒータイム




NHKカルチャー主催のドイツ式コーヒータイムの講座が昨日で終了しました。私にしては珍しくお菓子の写真をとる余裕があったのでお見せします。季節柄、お客様にはドイツのクリスマスのクッキーをご賞味いただきました。

2010.12.11 Saturday 08:44
クリスマスクッキー



この季節、お客様にお出しするクリスマスクッキーとシュトレンです。スパイスのきいた甘い香りがします。
日に日にクリスマス気分が高まりますが、さきほど、手作りのお菓子の家を二台、広島から日帰りで取りに来てくださいました。我が家の恒例になりつつあります。クリスマスまでのあいだ“フレッシュパントリー”というスーパーに飾ってくださいます。お近くの方はぜひ覗いてみてください。


2010.12.03 Friday 16:38
シュトレン




今年もシュトレンの季節となりました。今日は第一アドベント。ルイ・アームストロングのCDを聞きながら部屋にクリスマスデコレーションを飾ったり、シュトレンを作ったりして過ごしています。
毎年シュトレンを楽しみに待ってくださっている皆様、大変に申し訳ありませんが、今年は販売予定はありません。シュトレン作りはけして難しくありませんのでぜひ“コーヒータイムのお菓子”にのっているレシピを参考にご自分でチャレンジしてください!成功を祈ってます。

2010.11.28 Sunday 13:45
CATEGORY